中野区医師会
文字サイズの変更
  • 大きく
  • 普通
  • サイトマップ
  • ご意見・ご感想
ホーム >医療トピックス

医療トピックス

2017年7月

熱中症にお気を付け下さい

 「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、場合によっては死亡することもあります。
 熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに、周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

熱中症を引き起こす3つの要因

1:環境:気温が高い、日差しが強い、急に暑くなった日、湿度が高い、閉めきった屋内、熱波の襲来、風が弱い、エアコンの無い部屋
2:からだ:高齢者、乳幼児、肥満、下痢や発熱で脱水状態、糖尿病、精神疾患、低栄養状態、二日酔いや寝不足といった体調不良
3:行動:激しい筋肉運動や慣れない運動、長時間の屋外作業、水分補給できない状況

これらの要因が重なると熱中症になりやすいと考えてください。

 熱中症の症状は、めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分不良、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違うなどですが、重症になると、返事がおかしい、意識消失、けいれん、発熱などの症状が出ます。
 一般的に体温が37.5度以下の日射病の状態では脱水が主な原因ですので、涼しいところに休ませ、水分補給をして身体を冷やせば回復します。けいれんが起きたときは塩分欠乏が原因ですので、塩飴、梅干し、塩昆布などを食べるか、塩分の多いOS−1などを飲んでください。
 体温が37.5度以上あるときは危険性が高まりますので医療機関を受診するのが良いでしょう。また、体温が39度以上ある時は高度の脱水による熱射病で危険な状態です。救急車を呼んでください。2016年には7月と8月の2ヵ月間で約500名の方が亡くなっています。

 熱中症を予防するためには、室内では扇風機やエアコンで温度を調節、遮光カーテン、すだれを利用、室温をこまめに確認してください。また、外出時には 日傘や帽子の着用、 日陰の利用、こまめな休憩、天気のよい日は日中の外出をできるだけ控えるなどしてください。特に子供は地面に近いためアスファルトなどの照り返しを強く受ける遊園地などでは注意が必要です。服装は 通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用し、 保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やすものを持参しましょう。
 天気予報では熱中症の危険性を示す、暑さ指数を発表しています。注意、警戒、厳重警戒、危険の4段階がありますが、厳重警戒や危険のときは外出を控え、室内にいても水分補給などの注意を怠らないようにしましょう。(参考:環境省、厚労省ウェブサイト)

一般社団法人中野区医師会 中野区中野2-27-17 電話:03-3384-1335 Copyright (C) Nakano Medical Association. All Rights Reserved.