中野区医師会
文字サイズの変更
  • 大きく
  • 普通
  • サイトマップ
  • ご意見・ご感想
ホーム >医療トピックス

医療トピックス

2017年2月

リハビリ用ロボット

 病気やケガによる後遺症を回復させるリハビリテーション。リハビリのための機器やスタッフ、保険などの制度は充実してきてはいますが、その対象は発症して間もない「急性期」や、治療後3〜6か月の「回復期」の患者のための制度が中心となっています。

 一方、発症から6か月を経過した「慢性期(維持期)」の患者については、介護保険のリハビリを利用できますが、内容や時間・回数の面で十分ではありません。さらに、慢性期(維持期)になるとリハビリの効果がなかなか見られなくなることや、そこからくる意欲喪失のために回復が一層難しくなって、あきらめてしまう人も多いのが現状です。 思うようにリハビリが進まずに悩んでいる患者にとって、ロボットが救いになるかもしれません。従来のリハビリに比べ、ロボットリハビリは機能回復効果が高いと言われています。正しい動きや体の使い方をロボットがサポートしてくれるからです。そのうえ、最先端の訓練をしている感覚があるため、慢性期(維持期)の患者さんもモチベーションがアップして、やる気が継続します。

 現在、国内で使用されているリハビリ用ロボットは、筑波大学発のサイバーダイン社の歩行訓練専用「ロボットスーツHAL」や、股関節の動きを補助するホンダの「歩行アシスト」など、上肢用と下肢用を合わせて10種類以上にのぼります。
 高価な値段が課題ですが、技術の進歩は速く、今後身近になる可能性があります。政府の普及への後押しを期待したいと思います。

一般社団法人中野区医師会 中野区中野2-27-17 電話:03-3384-1335 Copyright (C) Nakano Medical Association. All Rights Reserved.